読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keiの感想帳

フリーランス翻訳者Keiです。日々、感じたことを書き留めていきます。

豪華客船「ノーティカ号」からビキニ環礁を想う

2月28日~3月1日、客船「ノーティカ号」が中突堤B/Cバースに接岸しています。

f:id:kei-diary:20140228163938j:plain

香港-基隆-那覇-神戸-広島-上海-ソウル-大連-天津のクルーズ「Pearls of the Orient」(16泊17日)。

 

ノーティカ号ってどこの船だろう?」という疑問。ちょっと調べてみました。

運航会社はオーシャニア・クルーズ社(本社米国)。

1998年建造、総トン数30,277総トン、全長181.00m、旅客定員640名。

船籍はマーシャル諸島

 

マーシャル諸島・・・

で、「マーシャル諸島ってどのあたりかな?」という疑問。

ここ。太平洋の真ん中あたり 。

f:id:kei-diary:20140301132626j:plain

首都はMajuro。(地図の右下)

 f:id:kei-diary:20140301133712j:plain

地図の中央少し左上に Bikini(ビキニ)環礁。

 

そう言えば・・・今日のニュース。

以下NHK NEWS WEBより抜粋。

  「ビキニ環礁の水爆実験から60年。

   アメリカが太平洋のビキニ環礁で行った水爆実験で、日本のマグロ

   漁船第五福竜丸」の乗組員が被ばくしてから1日で60年となりま

   す。

   1954年3月1日にアメリカが太平洋のマーシャル諸島にあるビ

   キニ環礁で行った水爆実験では、広い範囲に放射性物質を含んだい

   わゆる「死の灰」が降り注ぎ、静岡県焼津市のマグロ漁船、第五福

   竜丸の乗組員23人が被ばくしたほか、ビキニ環礁の周辺に住む島

   民も数多く被ばくしました。

   被ばくした島民の中には甲状腺の異常など、今も健康被害を訴える

   人たちが少なくありません。

   また、放射性物質で汚染された島のうち、ビキニ環礁からおよそ

   200キロ離れたロンゲラップ島では、除染作業をしたうえで現在

   は住宅の再建などの復興作業が進められていますが、放射線への不

   安は消えておらず、島民の帰還は今も実現していません。」

 

ビキニ環礁は、広島の原爆ドームに続き、核兵器の惨禍を伝える「負の遺産」として2010年に世界遺産文化遺産)に登録されています。

アメリカが1946~1958年の間に67回核実験を行ったということ。

珊瑚礁の豊かなこんなに美しい場所で。

f:id:kei-diary:20100806160530j:plain